jenkins, rspec-railsの場合。

# Gemfile:
group :test do
  gem 'ci_reporter'
end

Rakefileの最終行に下記を追加する。

# Rakefile:
require 'ci/reporter/rake/rspec'

rake specの代わりにrake ci:setup:rspec specを実行するとspec/reports/以下にテスト結果のxmlができるので.gitignoreに追加しとく。

spec/reports/

jenkinsの設定

Build時にrake ci:setup:rspec specでxmlが出力されるようにしておく。怖話ではこんな感じ。

bundle install --binstubs
cp config/database.example.yml config/database.yml
rake db:migrate
rake ci:setup:rspec spec

Post-build Actions > Publish JUnit test result reportを追加し、spec/reports/*.xmlを入力。JUnitがこういうxml出すみたい。

下記のようなグラフが出るようになる。怖話ではこんな感じ。

画像を直リンできるので目につきやすいところに貼るのがいいかも。

Comments


(Option)