お礼が遅くなりましたが、オフィスの引越し祝いにスマートロックのQrio LockとQrio Keyをいただきました。

Qrio Keyはそーだいさんにいただきました。

本業のテック系では何故か関わりがないのにスト2では大変お世話になっております。(そーだいさんのボタンさばきを楠元さんと一緒に真似して練習してます。)

Qrio Lock本体の方、どなたが送ってくださったのかわからず、もし「送ったの俺だよ」という方がいらっしゃったらTwitterででも「俺だよー」と言っていただければ幸いです!

新しいQrio Lockレビュー

一つ前のQrio Smart Lockを楠元さんが持っていてオフィスで使っていました。

弊社スクールに通ってくる人に対して、毎日来る人にはQrioでゲストキーを発行しています。物理キーに対するメリットは鍵が紛失しても鍵穴側を変えなくてもいいところです。(アプリで鍵を削除すればいい)

ドアが閉まっていれば必ず鍵がかかっているので「鍵をかける」ということが生活から消えました。

また「あれ、鍵かけたっけ?」ということもありません。

Image from Gyazo

新しい本体は少し形がかわってるものの、基本的には変わらないですね。ネット経由で操作するためのQrio Hubも以前のものがそのまま使えます。

そして新しいQrioの一番の違いはこれ。

Image from Gyazo

このチェーンのしたについている楕円の小さいのわかりますか?これはドアが開いてるか・閉まってるかを見るセンサーでです。これはドア枠側につけます。

これによって「アマゾンが来た時、ドアを開けてサインしてる間に閉まってうざい」問題がが解決するのです!(ドアが開いてるとロックされない)

これはすばらしい!

Image from Gyazo

Qrio Keyは車のキーみたいなやつです。

スマホを取り出して開けるのは手間なので、ドアホンにぶら下げていて、「どうぞおはいりくださいー」といってこれで開けています。便利!

欲しい機能

Web APIです・・・。鍵の発行や削除が手動なので、ブートキャンプにサインアップしたら鍵作成とかやりたい・・・。

Comments


(Option)