# Gemfile:
group :development
  gem 'haml-rails'
end

真面目なサイトを作る時になんでSlimじゃなくてHamlかっていうと、ちょこちょこバグがあるからです・・・。

# Gemfile:
group :development do
  gem 'erb2haml'
end
% rake haml:convert_erbs
Looking for ERB files to convert to Haml...
Converting: app/views/layouts/application.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/unlocks/new.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/sessions/new.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/registrations/new.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/registrations/edit.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/passwords/new.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/passwords/edit.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/mailer/unlock_instructions.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/mailer/reset_password_instructions.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/mailer/confirmation_instructions.html.erb... Done!
Converting: app/views/devise/confirmations/new.html.erb... Done!

deviseのhaml/slim対応は本体から消えたっぽいのでこっちがいいかも。application.html.erbも変換してくれるし。

# config/application.rb:
module Foo
  class Application < Rails::Application
    config.autoload_paths += %W(#{config.root}/lib)
  end
end

gemにmoneky patch当てないでcloneしてgem 'foo', :git => 'git://foo'しようというのをどっかでみたけどslim-railsで

Deprecated: Use `require 'slim'` instead of `require 'slim/rails'`

が出るのは放置してたらcloneしてる人がいた。pull requestが送られてから2週間たってるけどマージされる気配が無いのでcloneした方を使う。

# Gemfile:
gem 'slim-rails', :git => 'git://github.com/stjernstrom/slim-rails.git'

もっと面倒なのかと思ってたけど簡単。さっさと自分でやればよかったな。

Test::Unit + Capybaraによる自動テスト。

Test::UnitはRailsデフォルトだけあってサポートが行き届いていて簡単。

JenkinsでRailsアプリをテストする。

環境

Jenkinsのインストール

さくらのVPSにDebian squeezeをインストールする方法はこちら

$ wget -q -O - http://pkg.jenkins-ci.org/debian/jenkins-ci.org.key | sudo apt-key add -
$ sudo vi /etc/apt/sources.list
deb http://pkg.jenkins-ci.org/debian binary
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install jenkins

jenkinsユーザーが作成されて8080にjenkinsが立ち上がる。

nginxでのReverse proxyの設定

example.com:8080では味気無いのでci.example.comでアクセス出来るようにする。

$ sudo apt-get install nginx
$ sudo vi /etc/nginx/sites-available/ci.example.com
server {
  listen 80;
  server_name ci.example.com;
  location / { proxy_pass http://localhost:8080; }
}
$ ln -s /etc/nginx/sites-available/ci.example.com /etc/nginx/sites-enable/ci.example.com

rvmのインストール

rvmをsystem wideにインストールするのは大変なので単にjenkinsユーザーにインストールする。

$ sudo su - jenkins
$ bash < <( curl http://rvm.beginrescueend.com/releases/rvm-install-head )

大体nokogiriを使う段になって困るので下記をちゃんとインストールしておく。

$ rvm package install readline openssl zlib
$ rvm install 1.8.7 -C --with-openssl-dir=$HOME/.rvm/usr --with-readline-dir=$HOME/.rvm/usr --with-zlib-dir=$HOME/.rvm/usr

アプリ名でgemsetを作っておき、bundlerをインストールしておく。(jenkinsのタスクでやっても構わないと思う)

$ rvm use ruby-1.8.7-p334
$ rvm gemset create rails-example-app
$ rvm use ruby-1.8.7-p334@rails-example-app
$ gem install bundler

ユーザー認証

LAN内でない場合はユーザー認証をかける。"Manage Jenkins"の"Access Control"で"Secure Realm"を"Jenkins's own user database"にして"Allow users to sign up"にチェックを入れる。"Authorization"は"Matrix-based security"を選び、管理者ユーザーとなる予定のユーザー名を追加しておく。少し分かりづらいがここで設定した後、同じ名前でsign upをすれば良い。(間違って管理画面にはいれなくなってしまった場合はここを参考にしてリセットする。)

Configure System [Jenkins]

gitプラグインのインストール

大体が社内のgitやgithubから持ってくることになるのでgitプラグインをインストールする。"Manage Jenkins" > "Plugin Manager" > "Available"から"Git Plugin"を選択してインストールする。"Github Plugin"もついでに入れておくと良いかもしれない。

ビルドの設定

"Source Code Management"から"Git"を選択し、"Repositories" > "URL of repository"にリポジトリのURLを入れる。(githubのプライベートリポジトリを使っている場合はjenkinsユーザーで鍵を作り、githubの"Admin" > "Deploy Keys"から登録しておけばいい。)ビルドトリガーは好きに設定する。右側の"?"に親切な説明があるので迷わないだろう。ビルドはrailsなので"Execute shell"を選択する。rvmにはrvm-shellという指定の環境でshellを実行するうってつけのコマンドがあるのでそれをshebangに設定すればいい。

u2plus Config [Jenkins]

"Post-build Actions"で"E-mail Notification"を設定しておく。Debianデフォルトのexim4はメールが飛ぶようになってないのでいっそのことpostfixを入れた方が楽。

$ sudo apt-get install postfix

関連:Debian Squeeze install to Sakura VPS - komagata

Railsでguardを使う。(rspec)

# Gemfile:
group :test do
  gem 'rspec-rails'
  gem 'guard-rspec'

  # for Mac
  gem 'rb-fsevent'
  gem 'growl'
end
$ guard init rspec
$ guard start

deviseでログイン後のURLを設定する方法。

deviseではログイン後にはデフォルトでroot_pathに移動するようになってる。それを変えたい。

devise / lib / devise / controllers / helpers.rb

def after_sign_in_path_for(resource_or_scope)
  scope = Devise::Mapping.find_scope!(resource_or_scope)
  home_path = "#{scope}_root_path"
  respond_to?(home_path, true) ? send(home_path) : root_path
end

上記の様にresource(普通はUser)のroot_pathが設定されてればそっちに行くようになってるので下記の様にuser_root_pathに何かを設定すればいい。

# config/routes.rb:
Foo::Application.routes.draw do
  match '/snippets' => 'snippets#index', :as => :user_root
end

ログイン後に/snippetsに行くようになった。

Gmailのロックを外す方法。

Gmailでは短期間に何度もログインしたりするとアカウントにロックがかかるらしい。下記の方法でロックを解除できる。

クライアントでユーザー名とパスワードが受け入れられません - Gmail ヘルプ

[PASSWORD]:535-5.7.1 Username and Password not accepted. Learn more at
[PASSWORD]:535 5.7.1 http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=14257

MUAのログには上記のように出るが、Railsのエラーでは1行目しか出ないのでロックがかかっていることに気付くのが難しい・・・。

RailsでGmailを使ってメールを送る。(Google Appsも可)

# config/environments/development.rb:
(...)
  config.action_mailer.smtp_settings = {
    :address              => 'smtp.gmail.com',
    :port                 => 587,
    :domain               => 'example.com',
    :user_name            => 'foo@example.com',
    :password             => 'password',
    :authentication       => 'plain',
    :enable_starttls_auto => true
  }
(...)

下記を設定しないとエラーを表示してくれないところに注意する。

config.action_mailer.raise_delivery_errors = true

Send email with Rails by using Gmail. (Google Apps too)

If the following are not set, the error is not displayed.