coffee-scriptはnpmで入るからいいだろということでhomebrewからhomebrew-altに移動したらしいです。なのでnodeを入れてソースからnpmを入れる。

% brew install node
% curl http://npmjs.org/install.sh | sh
% npm install coffee-script -g

元のjsがある場合はjs2coffeeでcoffee化する。

% npm install js2coffee -g
% js2coffee foo.js > foo.coffee

guardやjitterで変更を検知してcoffeeをコンパイルする。titaniumで使われてるスクリプト言語はpythonなのでGuardfileがリポジトリにあると発狂する人がいる(?)のでjitterを使ってみました。(via @yagi_)

% npm install jitter -g
% jitter coffee Resources

coffeeディレクトリ以下のファイルに変更があると、同じ名前のjsがResources以下に出来る。

Comments


(Option)