組織論でもプログラムでもデザインでも「シンプルにしよう」とよく言いますが意味がフワッとしてるので自分的まとめを。

Rich Hickeyのシンプルの定義

シンプルさの必要性 | eed3si9n

上記の俺的まとめ。

  • simpleの対義語はcomplex。
  • simpleを語源・対義語から考えると、多数のものを組み合わせてない・一つのものという意味になる。
  • それに対してeasyを語源から考えると、近くのものという意味になる。
  • complexこそが悪。
  • easyだけどcomplexなもの = 甘え
  • hardだけどsimpleなものを恐れない。simpleなものはしばしばeasyでない。

命名

上記を使いやすくするために、easyでcomplexなもののことを偽のシンプルhardでsimpleなもののことを正しいシンプルと名付ける。

simpleでeazyが最良でcomplexでhardが最悪だが、自明なので命名する必要はないと思う。

普段の仕事で注意すること

  • えてして偽のシンプルに陥りがちである。正しいシンプルを恐れない。
  • 「シンプルにAで行きましょう。」
    その「シンプル」はsimpleか?easyか?
  • 「そのツールは学習コストが高いので辞めましょう。」
    それは偽のシンプルでは?
  • 「それは複雑だから辞めましょう。」
    その「複雑」はcomplexか?hardでは?

Comments


(Option)