いつも忘れてググるので。

下記のようにmigrationを作るとcreate_join_tableを使ってくれる。

$ rails g migration create_join_table_user_team user team

下記のような内容でできる。

class CreateJoinTableUserTeam < ActiveRecord::Migration[5.0]
  def change
    create_join_table :users, :teams do |t|
      # t.index [:user_id, :team_id]  
      # t.index [:team_id, :user_id]  
    end
  end
end

indexは必要だったら作れということでしょう。(優しい)

create_join_tableの良いところはテーブル名の順番をきにしなくて良いところです。この例でもuser、teamという順番で指定してるけど実際のテーブルは下記のようにteams_usersになってる。

# \d teams_users
  Table "public.teams_users"
 Column  |  Type   | Modifiers 
---------+---------+-----------
 user_id | integer | not null
 team_id | integer | not null

Comments


(Option)