「知り合いの凄腕エンジニアに聞いたんだけど、/users/32ってURLにユーザー数が丸見えになってるって、このセキュリティーは流石にまずいよ、駒形さん」

みたいに言われることが稀によくあるので、idをuuidにしました。

postgresの設定

rails5からpostgresのuuidを生成する関数を簡単にidとして使えるようになってるそうです。 herokuのpostgresは対応してるのでいいかもです。

Macのbrewで入れたpostgresはデフォルト無効なので有効にしてあげる必要がありますが、superuserじゃないと駄目です。

postgres=# SELECT uuid_generate_v4();
ERROR:  function uuid_generate_v4() does not exist

↑関数がない。

デフォルト状態ならばsuperuserはpostgresかつパスワード無しなので、下記をやっといてくださいと各位に伝えます。

$ psql -d postgres -c 'CREATE EXTENSION IF NOT EXISTS "uuid-ossp";'
postgres=# SELECT uuid_generate_v4();
           uuid_generate_v4           
--------------------------------------
 06162241-ad98-4795-8bab-3801194f76d7
(1 row)

関数が有効になりました。

railsの設定

generatorがデフォルトでuuidを使うようにします。

# config/application.rb:
module Foo
  class Application < Rails::Application
    config.generators do |g|
      g.orm :active_record, primary_key_type: :uuid
    end
  end
end

こちらを参考にidのdefaultを設定する。

2 UUID Primary Keys

class PostProperties < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    create_table :posts, id: :uuid, default: "gen_random_uuid()" do |t|
      t.string :title
      t.text :description
      t.belongs_to :user, foreign_key: true, type: :uuid

      t.timestamps
    end
  end
end

foreign_keyを設定する時に、type: uuidを忘れないこと。

# SELECT id FROM users;
                  id                  
--------------------------------------
 75a61708-a959-5889-83cd-4d86df9cd771
 7c6b7130-3896-53a1-938d-2ab4364011d2
 f94db8c4-6786-5027-8d90-aa187594addb
 bafbab57-d268-548a-a111-11c13bbcbcc2
 2fc060cd-98d2-58d2-9b33-50f36df1fd8f
 8338b729-ff29-55d2-b5ba-6d68dbfc7b03
 917358a7-8995-5d88-b635-925e21841f68
 529aa2fb-93b3-5739-a8d4-64dd87ed08a9
 6ea9b086-d16b-5b02-81b6-97edb74f3dfb
 71f372c5-b0cc-5904-a583-921766bf4508
(10 rows)

ウェーイ。

おもてなし

何かと外見も重要な、出資を受けたスタートアップのサービスのアプリを開発する時にはさらっとやっておくとよいかもしれません。

Comments


(Option)