年初から関わらせていていただいているKidsstarさんでのUnityゲームアプリ2個目と3個目の「JALのおしごとたいけん」と「串カツ田中のくしカツしゅぎょう!」がリリースされました。ひゃっほう。

日本航空が社会体験アプリ「ごっこランド」に 新規パビリオンを出店~JALのおしごとたいけん~ | 株式会社キッズスター|KidsStar Inc.

串カツ田中社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを10月8日(祝)に出店 ~当アプリ限定の「必ず」もらえる特典も全店でご用意~ | 株式会社キッズスター|KidsStar Inc.

JALの方はアプリ内のゲームが複数あって、開発はフェーズ1・2というように別れていて、最初のフェーズ1にあたる部分を担当しました。その後串カツ田中を担当して、リリースとしては同時期になりました。

UnityとC#は未だにヒーヒー言いながらやっていますが、新しい開発環境と言語は新鮮で勉強になることばかりです。

僕がスケジュールについていってる率でいうと、

1本目の「ECCのえいごのせんせいごっこ」は僕一人で終えることのできるシーンは少なく、一部を除いてほとんどは@monryさんや@fakestarbabyさん、@hanageman69さんにやっていただいたのでスケジュールに間に合ってないどころではない感じでした。

2本目の「JALのおしごとたいけん」は汚いコードながらも一人で作れるようになったのですが、僕の開発の理解も効率も悪く、スケジュール的には全マイルスートンで遅れてしまう感じでした。

3本目の「串カツ田中のくしカツしゅぎょう!」は一部マイルストーンでスケジュールを過ぎてしまうものの、必死に食いついていくことでなんとかスケジュール通りにこなせるようになってきた感じです。

すでに4本目の開発が始まっていますが、個人的に下記を目指してやっていこうとおもいます。

  • Kidsstarで使っているフレームワークのCAFUがv3になってかなり変わったのでZenjectとともに使えるようになる。(今まではv2ベース)
  • ゲーム開発の一部分しか知らないので、個人開発でゲームを作ってみて、全体としてのゲームづくりに習熟する。
  • 人任せになってしまっている、各プラットフォーム用ビルドの方法やリリースなどができるようになる。

Comments


(Option)