プログラマーにとっては自明だけど一般の人には説明し辛いこの件について、名著「人月の神話」にしっかりと書かれています。

『なぜ、プログラミングは楽しいのか?』に対する素晴らしい答え - 涙目で仕事しないSE

RailsGirlsのメンターやプログラミングスクールを通して、プログラミングを始めようという人に向けてもっと端的にまとめられないかなと思い、まとめてみました。

プログラミングの楽しさ

  1. 自分の思い通りのモノを作る楽しさ
    (子供が砂場でお城を作る楽しさ)
  2. 人の役に立つモノを作る楽しさ
    (子供がパパのために粘土で鉛筆立てを作ってあげる楽しさ)
  3. ピタゴラスイッチを作る楽しさ
    (複雑なツールを組み合わせて大きな別のツールを作る楽しさ)
  4. 新しいものを学ぶ楽しさ
    (新型iPhoneより頻繁に生まれてくる最新ツールを追っかける楽しさ)
  5. もっとも柔軟な媒体でものを作る楽しさ
    (材料費無料、サイズほぼ無限、やり直しは一瞬の媒体を使ってモノを作る楽しさ)

プログラミングを始めた人に向けて

これらの楽しさの1つでも感じたのなら、ベテランプログラマーの感じている楽しさもあなたと同じです。あなた向いてるのかもしれませんね!

Comments


(Option)