スクウェア・エニックス、待望のiPhone・iPod touch向け『ファイナルファンタジー I・II』を同時公開 - iPhone・iPod touch ラボ

ff1-iphone

スクウェア・エニックスが、ファン待望のRPGゲーム『FINAL FANTASY I 』『FINAL FANTASY II 』のiPhone・iPod touch版を2作同時に公開しています。

画面左下に大きな十字キーらしきものが見える。

十字キーの無い、タッチパネルだけを備える携帯端末上のゲームの移動のインターフェースは行く先をタッチする方法が断然良いと思う。何故こんなにちゃんとしたゲームでもソフトウェア十字キーを採用するんだろう?

バイオハザード4やUnderworldsなどを試したけどソフトウェア十字キーは使い辛くて仕方がない。(ゲームを続けたくない主要因にすらなっている)

ゲームの技術的なことが分からなかったので、

「技術的にソフトウェア十字キーにした方が格段に実装が楽になるのだろう」

などと思っていました。

ところが最近、Canvasでタッチによる移動を実装してみたらタイル環境での移動や経路選択などはゲームプログラミングの初歩も初歩で、iPhoneというハードウェアやFINAL FANTASYのようなちゃんとしたゲームにとっては技術的に問題になるようなことは全く無いということがわかった。

どうやら本当にソフトウェア十字キーの方が優れている(ゲームなのでもしくは“面白い”)と考えて採用しているようなのだ。

これは何故なんだろう?とても気になります。

関連

Comments


(Option)