• leiningen = rubygems + bundler
  • clojars.org = rubygems.org
  • nailgun = SWANK
  • vimclojure = SLIME

Clojure + Leiningen

leiningen入れるとclojureも入る。

% curl -O https://raw.github.com/technomancy/leiningen/stable/bin/lein
% chmod +x lein
% lein repl
Using JLine for console I/O; install rlwrap for optimum experience.
REPL started; server listening on localhost:29973.

rlwrap入れたほうが良いと出るので入れる。

% brew install rlwrap
% lein repl
REPL started; server listening on localhost:58951.
user=> 1234
1234
user=> (+ 1 2)
3
user=> (exit)

うん。

VimClojure

vimの場合はVimClojureというのが定番ぽい。VimClojureはSyntax Highlightingとかだけでも使えるんだけど、NailgunというCLで言えばSWANK的なものへのインターフェースが同伴されていて、clojureファイルを開くと同時にNailgun Serverに接続することが出来る。

Nailgun ServerもClientも別個にインストールする必要がある。

% vi ~/.vimrc
Bundle 'VimClojure'
let vimclojure#WantNailgun = 1
let vimclojure#NailgunClient = "ng"
:BundleInstall

Nailgun Client

% brew install nailgun

ngコマンドが使えるようになる。(上記のNailgunClientで指定してるのがコレ)

Nailgun Server

% lein plugin install org.clojars.autre/lein-vimclojure 1.0.0

lein plugin install xxx versionはleinのプラグインをインストールするのであって、ライブラリを入れてる訳じゃない。両方共clojars.orgにホストされてるので混同しないようにする。(依存ライブラリはproject.cljに書いて後述するlein depsで入れる)

lein helpするとlein vimclojureというサブコマンドが増えてる。

helloworld

% lein new helloworld
% cd helloworld
% tree
.
├── README
├── classes
├── lib
├── project.clj
├── src
│   └── helloworld
│       └── core.clj
└── test
    └── helloworld
        └── test
            └── core.clj
% lein deps

project.cljに書かれてるライブラリ(clojure処理系自身を含む)を取ってきてlibに入れてくれる。

% lein vimclojure
NGServer started on 127.0.0.1, port 2113.
% vi src/helloworld/core.clj

Terminal — vim — 80×24

あとはreplが開いてSLIMEみたいに評価できる。

Comments


(Option)