ちゃんと書く場合はleiningenでproject作った方が楽だけど、手元で手軽にclojureしたい場合の為にsystem-wideにインストールする。

$ brew install clojure-contrib
# ~/.zshrc
export CLASSPATH=$CLASSPATH:/Users/komagata/homebrew/Cellar/clojure-contrib/1.2.0/clojure-contrib.jar

clojureも依存で入る。バージョンは2011/06/25現在だと1.2.0。ついでにちょっとした起動スクリプトもcljって名前で入れてくれる。

% clj
Clojure 1.2.0
user=> (+ 1 2 3)
6

引数無しだとreplが立ち上がる。

;; unk.clj
(println "unk")
% clj unk.clj
unk

スクリプトを渡せば実行される。

clojure.mainが標準入力からスクリプトを受け取れれば

#!clj
(println "unk")

って書けそうだけど、無理。

Comments


(Option)