RailsGirls Tokyo 9thにコーチとして参加させていただきました。

また、スポンサーにもなったのでスポンサーLTでフィヨルドブートキャンプの紹介もさせてもらいました。

https://gyazo.com/6bd4dcb2b479a590d90297d2539782d7

スポンサーLTや一般LTはRailsGirlsから興味をもってプログラマーを目指してる人、または既にプログラマーになった人が、

「すごい面白いからお前らもやろうぜ」

という内容が多くて、既にプログラマーである僕でも、

「へぇ〜、プログラマーって良さそうねぇ」

と思ってしまいました。

また、@a_matsuda さんの文字通りのすばらしい話もあり、全体がしまりましたね 😁

プログラミングに興味を持ってもらう方法

コーチとして参加して、もっとわかりやすく教えるにはどうしたらいいか、という点も気になりましたが、RailsGirlsはプログラミングを単に教えるというより、プログラミングの楽しさを知ってもらって興味を持ってもらうのが目的だと思います。

何をやってもらったら一番、「プログラミングって面白い」って思ってもらえるんだろう?

ひいては「プログラミングの面白さって何?」というところが気になりました。

いろんなプログラマーの皆さんに聞いてみたいですね。

参加者・参加目的

参加されてる方は下記のような人が多かったです。

  • プログラマーの求人をしてる会社の人事の人がプログラマーをよく知るために。
  • 今の会社が退屈過ぎてプログラマーに転職したい。
  • プログラミングで困ってるWebデザイナー。
  • 会社でプログラマーになれと言われたけど聞く人がいない。
  • リモートワークなど、プログラマーの自由な働き方が気になってる。

会場がSpeeeさんで、オシャクソラウンジだったので良さ出てましたね。

改善したい点

Railsアプリをいきなり作るので当然なんですが、

「全然わからないことに対するストレスがある」

という感想を聞いたので、「Rails Moreで聞けるよ」だけでなく、

「あなたがわからないのはどこですか?皆さん疑問に思われる点はだいたい下記の5点です。それぞれはこれを読むことでわかるようになりますよ」

ぐらいの道筋を示せるとその編のストレスが軽減されるのかなと思ったので、今後参加するならばその辺りの資料を作ったりしたいなと思います。