怖話をRuby 1.9.3とRails 3.2.1にした。

アプリの動作には影響無く簡単に移行できると思いきや、shoulda-contextがrails 3.2から対応しないのでテストを全てRSpecに書き換えた。

rspecコマンド単体で実行した時とrake specした時で結果が違うのが少し気になるが・・・。

怖話リゾートバイトが途中で切れるバグを直しました。

PostgreSQLの調子で使ってたMySQLのtext型の最長を超えてるだけだった。

text: 65535Byte
mediumtext: 16777215Byte
longtext: 4294967295Byte

リゾートバイトは120KBぐらいの長編なのでmediumtextに変えて対応。

# RAILS_ROOT/db/migrate/20120127081325_alter_body_to_mediumtext_stories.rb 
class AlterBodyToMediumtextStories < ActiveRecord::Migration
  def up
    if Rails.env.production?
      execute 'ALTER TABLE stories MODIFY body mediumtext COLLATE utf8_unicode_ci;'
    end
  end

  def down
    if Rails.env.production?
      execute 'ALTER TABLE stories MODIFY body text COLLATE utf8_unicode_ci;'
    end
  end
end

超えてもエラーが出ないから気づかなかったなあ。

This week in open source — giant robots smashing into other giant robots

We have officially stopped maintaining the following open source products: limerick_rake, trout, shoulda-context, and jester.

shoulda-contextが更新終了。怖話では全部コレでテスト書いてるのに。なんてこった!U2plusは混在してたのをRSpecに統一したところで調度良かったが・・・。

This week in open source — giant robots smashing into other giant robots

Hey! shoulda-context has a maintainer! His name is Travis Jeffery (travisjeffery) and he’s got commit rights and everything! Thank you, Travis.

なんて思ってたらメンテナが見つかって復活。もう何が何やら・・・。

Railsの設定ファイルを環境毎に書けるプラグインをいつも見失う。なんて名前だったっけ?

rails configとか検索し辛いワードなのでここに記す。(via @fakestarbabyさん)

railsjedi/rails_config - GitHub

SinatraやPadrinoに対応してるのにrails_configとは是如何に。

# config/deploy.rb
set :git_shallow_clone, 1

Added --depth 1 option to deploy command if use this setting.

dm-validations-i18n.gem version 0.3.9 released.

This gem can localize error messages for dm-validations.

I made it, because dm-core or dm-validations are not have localized error messages, and authors of them will not provide them.

The gem supports locales en, ja, ru, zh-CN and zh-TW. These locales made by  gugods, makevoid and others in several countries. I really appreciated their works.

production環境ではexception_notificationでエラーをメールしてる人も多い思います。(AirBreakとかも)

怖話でもそうやってエラーメールが一通も来ない状態にしたいんですが、例えば下記のような”バグじゃないエラー”は皆様どうやって対応してるんでしょう?

A ActionView::MissingTemplate occurred in home#index:

 Missing template home/index, application/index with {:handlers=>[:erb, :builder, :haml], :formats=>["*/*;q=0.01"], :locale=>[:ja, :ja]}. Searched

formatsに*/*;q=0.01なんて文字列を送ってくるのは単なるスパム。使ってるformatだけに限定するように何か書く?うーん・・・。

$ rails c
>> Story.last.previous
=> #<Story id: 1, title: "パンドラ(禁后)", body: "私の故郷に伝わっていた「禁后」というものにまつわる話です。\nどう読むのかは最後までわかりませんでしたが...", view: 0, user_id: 1, created_at: "2011-11-25 08:48:33", updated_at: "2011-11-25 08:48:33", comments_count: 0, scares_count: 0>

バグ報告からふとActiveRecordで使えるpreviousメソッドってどこからきてるんだろう?と思ってgemsをgrepしてみるも見当たらず。

┐(´ー`)┌「これだからメタプログラミングってやつは・・・」.

Twitter / @irohiroki: @komagata Method#source_lo ...

なんですと!よし、場所を探り当ててやる!

>> Story.last.method(:previous).source_location
=> ["/Users/komagata/code/kowabana-jp/app/models/story.rb", 38]

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

# app/models/story.rb:
class Story < ActiveRecord::Base
  def previous
    Story.where('id < ?', id).order('id').limit(1).last
  end
end

(((((((( ;゚Д゚)))))))

自分で普通にmodelに定義してた。

因みに複数人開発で他人が実装したとかではなく、紛れも無く俺が実装したメソッドである。おまけにテストも書いてある。

何故このような自体が発生したのか。それはメソッド名が自然過ぎたか、俺がアルツハイマーか、もしくはその両方である。

日本の祝日が分かるgem、holiday_jp 0.3.1をリリースしました。

単純なgemなんですが、何故か@pwimさんが高速化してくれたり、@kakutaniさんがリファクタリングしてくれたりで、gemを介して遊んでるみたいな感じです。

今回はjewelerオワコンってことでbundlerにしたり、travis-ciしたり、rubygems-test対応したりしました。

僕も他のgemで新しいツールを使う前の実験台として使ったりしています。:-)

rubygems-testって面白いですね。僕はperl使ってた時に、「cpanの自動テストうっっっz」とか思ってましたが、良い物ですね。すいません。

特にrubygems-testをユーザーがインストールをしてるとプラットフォーム毎にテストが通ったかどうかを自動でhttp://test.rubygems.org/にアップしてくれるのがイカス。

Gem Testers

holiday_jpに幸あれ、rubygems-testに幸あれ。

Railsアプリで画像添付メール経由で画像を受け取りたい。(ガラケーとか)

/etc/aliases:

foo: "| cat $1 > /tmp/foo"

これだとファイルのownerがnobodyとかになっちゃうので.forwardを使う。

/home/unk/.forward:

"| cat $1 > /tmp/foo"

Railsでメールを受け取る

Railsでメールを受け取りたい。railsをCLIから呼び出すにはrails runnerを使う。しかし、railsコマンドはRAILS_ROOT外ではrails new用の動きをするので困る。

しかし、その為にあるのかも知れないscript/railsを使えばOK。

rvm経由で呼び出すと相当長くなる。

"| BUNDLE_GEMFILE=/var/www/foo/current/Gemfile /home/unk/.rvm/bin/rvm ruby-1.9.2p290@foo exec bundle exec /var/www/foo/current/script/rails runner 'PictureMailer.receive(STDIN.read)' -e production"

しかしまだ画像ファイルが600で作成されるという問題が残る。下記の様にchmodするようにしてもいいけど、umaskを変更する方がいいかも。

mod_passenger利用時の注意点 - komagata

"| umask 0022; BUNDLE_GEMFILE=/var/www/foo/current/Gemfile /home/unk/.rvm/bin/rvm ruby-1.9.2p290@foo exec bundle exec /var/www/foo/current/script/rails runner 'PictureMailer.receive(STDIN.read)' -e production"

umaskは子プロセスに引き継がれるのでPaperclip経由で出来るファイルもこれで644になる。