Macを再インストールしたのでrvmが新しくなったからか、capれない。

% bundle exec cap staging deploy
/Users/komagata/.rvm/lib/rvm/capistrano.rb:5:in `': RVM - Capistrano integration was extracted to a separate gem, install: `gem install rvm-capistrano` and remove the `$LOAD_PATH.unshift` line, note also the 'set :rvm_type, :user' is now the default (instead of :system). (RuntimeError)

長いエラーをちゃんと読むと、rvmのcapistrano関連の部分はrvm-capistranoとして別gemになったようです。Gemfileに追加します。

group :development do
  gem 'rvm-capistrano'
end

また「$LOAD_PATH.unshiftしてんのを取れ」と出てるので大抵の人はRAILS_ROOT/config/deploy.rbに書いてる下記を取ればOK。

$:.unshift(File.expand_path('./lib', ENV['rvm_path'])) # REMOVE ME!

コンパイラが変わるという大転換期なので仕方無いとは思いますが、Xcode依存のゴタゴタはプログラマーにも厄介。デザイナーさんに環境作ってと気軽に言い辛いここ最近のMac環境です…。

This week in open source — giant robots smashing into other giant robots

We have officially stopped maintaining the following open source products: limerick_rake, trout, shoulda-context, and jester.

shoulda-contextが更新終了。怖話では全部コレでテスト書いてるのに。なんてこった!U2plusは混在してたのをRSpecに統一したところで調度良かったが・・・。

This week in open source — giant robots smashing into other giant robots

Hey! shoulda-context has a maintainer! His name is Travis Jeffery (travisjeffery) and he’s got commit rights and everything! Thank you, Travis.

なんて思ってたらメンテナが見つかって復活。もう何が何やら・・・。

gemは問題無くできるものの、CIがエラー。

$ bundle exec rake
/home/vagrant/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p290/gems/bundler-1.0.21/lib/bundler/rubygems_integration.rb:143:in `block in replace_gem': rake is not part of the bundle. Add it to Gemfile. (Gem::LoadError)
from /home/vagrant/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p290/bin/rake:18:in `
' Done. Build script exited with: 1

よく見ればちゃんと書いてある。

# gemspec:
s.add_development_dependency 'rake', '~> 0.9.2.2'
s.add_development_dependency 'rdoc', '~> 3.11'

Tracis-CIでrakeとrdoc使うからdevelopment_dependencyには入れとかなきゃいけない。

dm-validations-i18n.gem version 0.3.9 released.

This gem can localize error messages for dm-validations.

I made it, because dm-core or dm-validations are not have localized error messages, and authors of them will not provide them.

The gem supports locales en, ja, ru, zh-CN and zh-TW. These locales made by  gugods, makevoid and others in several countries. I really appreciated their works.

日本の祝日が分かるgem、holiday_jp 0.3.1をリリースしました。

単純なgemなんですが、何故か@pwimさんが高速化してくれたり、@kakutaniさんがリファクタリングしてくれたりで、gemを介して遊んでるみたいな感じです。

今回はjewelerオワコンってことでbundlerにしたり、travis-ciしたり、rubygems-test対応したりしました。

僕も他のgemで新しいツールを使う前の実験台として使ったりしています。:-)

rubygems-testって面白いですね。僕はperl使ってた時に、「cpanの自動テストうっっっz」とか思ってましたが、良い物ですね。すいません。

特にrubygems-testをユーザーがインストールをしてるとプラットフォーム毎にテストが通ったかどうかを自動でhttp://test.rubygems.org/にアップしてくれるのがイカス。

Gem Testers

holiday_jpに幸あれ、rubygems-testに幸あれ。

utf-8のメールをmail.gemを使って送るとWARNINGが出る。

Non US-ASCII detected and no charset defined.
Defaulting to UTF-8, set your own if this is incorrect.

明示的にcharsetを指定すればOK.

# coding: utf-8
require 'rubygems'
require 'mail'

mail = Mail.new do
  to       'foo@example.com'
  subject  'テスト'
  body     'テストメール'
end

mail.charset = 'utf-8' # It's important!
mail.delivery_method :sendmail
mail.deliver

怖話でコメント欄がスパムで埋め尽くされて困ったので日本語が入ってないコメントは弾くようにしました。

「日本語が入ってない場合弾く」というのはMovableTypeの時からあるやり方ですが、イマイチ綺麗に実装できる感がしなくて控えてました。しかしmojiという素晴らしいgemを使ったら簡単に出来ました。

class Comment < ActiveRecord::Base
  validates_format_of :body,
    :with => Moji.regexp(Moji::ZEN_ALNUM | Moji::ZEN_KANA | Moji::ZEN_KANJI),
    :message => I18n.t('errors.messages.not_a_zenkaku')
end

mojiは色々な文字種の正規表現を持っていて手軽に組み合わせたりできます。最初はMoji::ZENで全角文字があればOKにしました。しかし実データ(スパム)にはギリシャ文字やキリル文字が存在していたのでそれも除外するようにしました。

$ rails c -E production
>> Comment.all.each {|c| c.destroy unless c.valid? }

これで今までの全てのスパムが消滅。今のところ新しいスパムも防げてるようでスッキリ。

カウンターキャッシュのリセット

以前、update_countersメソッドを使ってカウンターキャッシュを設定したつもりになっていました。しかし、update_countersメソッドは与えた数だけカウンターが増えるという動作だったようです。代わりにreset_countersメソッドを使えばcomments.countの数にresetしてくれるようです。

Story.all.each do |story|
  Story.reset_counters(story.id, :comments)
end

paperclipを使ってて「縦長の画像をアップしたら横長になる」という問題。

これはpaperclipが悪いんじゃなくて、元のファイルもMacのPreviewで見ると縦長なんだけど、ブラウザで見ると横長。MacのPreview他、ExifのOrientationタグに対応したソフトで見ると縦長に見える。

Webアプリ的にはちょっと困る。「縦長の画像をアップしたら横長になった!」と言われても見てるツールの違いで最初から横長なんだから。

imagemagickのconvertにはExifのOrientationタグの内容に合わせて画像データを回転させてくれる超便利な-outo-orientオプションがあるのでそれを使えばいい。

paperclipはrmagickを使わず、convertコマンドを呼び出すだけで、好きなオプションが渡せるというイカシタ作りになっているのでこんな感じでOK。

class User < ActiveRecord::Base
  has_attached_file :picture, convert_options: {all: '-auto-orient'}
end

allは複数のstyleが合った場合に全部にこのオプションを付けるという指定。originalも残るから安心。

# config/initializers/omniauth.rb
Rails.application.config.middleware.use OmniAuth::Builder do
  if Rails.env.production?     
    provider :twitter, 'xxxxxxxxxxx', 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
  else
    provider :twitter, 'ooooooooooo', 'oooooooooooooooooooo'
  end
end

今まで通りだと動きません。test/test_helper.rbに下記を追加。

require 'shoulda/rails'

今βのshoulda 3.xなら大丈夫なのでもうすぐこれも必要無くなるみたいです。