phpenv + php-buildよりphpbrewの方が良さそうです。(rbenvとぶつかる)

インストール

wgetはcomposerのインストールに必要。

$ brew install automake autoconf curl pcre re2c mhash libtool icu4c gettext jpeg libxml2 mcrypt gmp libevent wget
$ brew link icu4c --force

ふむふむ。

$ curl -L -O https://github.com/phpbrew/phpbrew/raw/master/phpbrew
$ chmod +x phpbrew
$ sudo mv phpbrew /usr/bin/phpbrew
$ phpbrew init
$ echo "source ~/.phpbrew/bashrc" >> ~/.zshrc
$ phpbrew lookup-prefix homebrew
$ sudo phpbrew install -j `sysctl -n hw.ncpu` 5.6.8 +default+mysql+apxs2
$ phpbrew --version   
phpbrew - 1.18.5
cliframework core: 1.10.0
$ phpbrew switch php-5.6.8
$ php -v
PHP 5.6.8 (cli) (built: May 12 2015 17:33:22) 
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies

composerとphpunitインストール。さりげ嬉しい。

$ phpbrew install-composer
$ phpbrew install-phpunit

チームでのやりとりはSlackですが、仕事の依頼とか外部との仕事関係でのやりとりってFacebook Messengerが多いです。多くないですか?

しかしFacebook Messengerってちょくちょくチェックするにはとても不便で、何故かというとチェックするたびにFacebookのTimelineが目に入って、

「この動画おもしろいな。知り合いにURLを送って置こう。・・・そういえば俺は何をしてたんだっけ?」

となることが頻繁にあるからです。

なのでMacでFacebook Messenger専用のクライアントを色々探してたんですがgoofyが自分の中で決定版で文句無しです。

$ brew cask install goofy

見た目もかわいいし、複数人チャットできるし、無料だし。

あと秋元さんがPHPプログラマー探してるそうなのでご存知の方はぜひ。(ついで感)

追記:

https://www.messenger.com がまさかのスピンオフしたのでブラウザでこのサイトを見るのが一番ですね。

デデドン!

「Adobeのバカ!(Case sensitiveなファイルシステムを恐れるなんて)いくじなし!」

PDFの編集、文字とかだったらPreviewで行けるんですが、画像を追加とかできないですよね。何か良いソフトありますかねぇ?

Mac版Office 2011は読み取り専用で使うなら無料なんですね。homebrewから入れられるのが嬉しい。

$ brew cask install microsoft-office

"Use Office to view your files for free"を選べばOK。

他社から複雑なレイアウトのExcelとか送られてきた時に。(←腹立つ)

brew doectorして知ったんですが、Mac OS Xデフォってcase-insensitiveだったんですね・・・。どうもAdobeとかSteamのゲームとかインストール時に文句言われるなあとかおもってたんですが・・・。

formatするときにcase-sensitiveにするかcase-insensitiveにするか聞かれたら前者選んじゃうのが人情ってもんじゃないですかあ。

% brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: The filesystem on / appears to be case-sensitive.
The default OS X filesystem is case-insensitive. Please report any apparent problems.

じゃけん再クリーンインストールしましょうねぇ〜・・・

・・・っ!?

java入ってません。dart editorに必要なので入れる。

Java for OS X 2014-001から入れてもいいけど、brew caskにあるのでそっちから。

$ brew cask install java6

YosemiteプリインストールMac miniの話。OSアップグレードはクリーンインストール派だから他は知らん。

rbenvでcompleteが見つからないと言われる

.rbenv/libexec/../completions/rbenv.bash:16: command not found: complete
# ~/.zshenv:
-if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi
+if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init - zsh)"; fi

こう変えればOK。

brewのrbenvのインストール場所が変わった

# ~/.zshenv:
-export RBENV_ROOT=/usr/local/opt/rbenv
+export RBENV_ROOT=/usr/local/var/rbenv

/usr/local/opt/rbenvから/usr/local/var/rbenvに変わってるので注意。

vundlerの設定の書式が変わった

vimのプラグイン管理プラグインのvundlerの設定の書き方が変わってる。

# ~/.vimrc:
set nocompatible
filetype off

set rtp+=~/.vim/bundle/Vundle.vim
call vundle#begin()

Plugin 'gmarik/Vundle.vim'

Plugin 'vim-ruby/vim-ruby'

call vundle#end()

Vが大文字になってるし、BundleだったのがPluginになってる。

powがrbenvで設定してるrubyを読まない

# ~/.powconfig 
export PATH="/usr/local/var/rbenv/shims:/usr/local/var/rbenv/bin:$PATH"

.powconfigを書けば良い。

雑感

俺の仕事に支障がない状態(railsアプリが立ち上がる)にするまでにつっかえたところはこのぐらい。

一応bootstrap.shというのを用意してbrewfile.shというのを呼んでソフトをあらかた入れるようにしてるけど、結局OSアップグレードするぐらい時間が立ってるといろんなツールに非互換な変更が入ってるからある程度手動が入っちゃいますね。

僕の場合は下記のような感じでした。

待望のMac miniが出たので即買いしてまだかまだかとまってるんだけど、このADSC支店って何?まだ中国なの?と思って調べてみた。

アップル製品をオンライン注文時の「ADSC支店」って何? その謎に迫る! | ガジェット通信

ADSCとはApple Delivery Support Centerの略でアップル製品は必ずここに集められるみたいです。

品川にあるとかなんとか。下記ブログによるとあと届くまで2日ぐらいは掛かりそうです。

深セン発送のApple製品が届くまでの日数